やっぱりデメリットもある!法人デビットカードの注意点

利用できないところがある

法人デビットカードに限らず個人のデビットカードでもそうですが、利用できないところがあるのがデメリットの一つです。
ショッピングだと利用できる場合がほとんどですが、何かしらの契約に使う場合は不便さが出てしまいます。
ショッピングとは違い契約は毎月決められた日に利用が必要としてきます。
クレジットカードとは違い、残高がないと利用できないようになっているため、定期的なカード決済には不向きとなっています。
リスクを考えてデビットカードは不可能としているところが多いので、不便さが目立ってしまいます。
残高に余裕があったとしても同様に利用不可になってしまいますので、何に利用するのかによってクレジットカードにするかデビットカードにするかを決める必要があります。

分割払いやリボ払いが不可能

クレジットカードの大きなメリットとなる分割払いはデビットカードでは利用できません。
クレジットカードは信用により貸付をしているのですが、デビットカードは法人も個人も基本審査をしていません。
その人に信用貸付をしているわけではないため、分割不可だけでなく当然リボ払いも不可能です。
そのため一括払いをする必要がありますし、信用貸付をしていないため、残高に余裕がないと高額商品の購入ができません。
口座残高関係なく商品購入が可能としていないところがデメリットとなります。
口座残高がどのくらいあるのかで、デビットカードは不便さが目立つようになってしまいますので、会社の状況によって使い分けるようにする方法がおすすめです。