利用限度額は人によって違うの?

預金状況により変わる場合がある

法人のデビットカードは、扱っている金融機関によって利用限度額がどのように設定されているのかが違います。
任意で簡単に利用限度額を変更することを可能としているところもあれば、預金状況によって変わってくるところもあります。
どうなると利用限度額が設定されるのかが金融機関によって違いますので、利用しているところに問い合わせすることがおすすめです。
また、金融機関によって最大に設定できる限度額が大きく違います。
数千万円利用できるところもあれば数百万円ほどになるところもありますので、利用状況によって金融機関を選ぶことも必要です。
まずは利用しようとしている金融機関でどのような設定なのかを調べてから利用検討しましょう。

クレジットカードとは違い人により限度額の差は出ない

法人デビットカードの場合、クレジットカードとは違い人により限度額が変わることが少ないです。
そもそもデビットカードは審査不要のカードで、人を見て発行されているわけではありません。
利用頻度や預金額によって限度額の設定が変わってくることもありますが、多くの金融機関では任意で限度額変更が可能です。
即口座から引き落とされるデビットカードは、金融機関にとってリスクが少ないため、人により限度額の差をつける必要性が低いです。
そのため、利用頻度や預金額が少ない法人だとしても、金融機関によって数千万円の利用を可能としています。
もし、法人カードで利用限度額に不満があるようでしたら、法人デビットカードに変更検討してみましょう。